農家の人でもお金を借りることはできる?審査に通りやすいローンとは?

銀行や消費者金融を利用してお金を借りる場合、農家なのかサラリーマンなのかによって審査の違いがあります。会社員やパートであれば借りやすいのが特徴ですが、農家の場合は雇われているわけではありませんのでお金を借りるのは会社員やパートに比べると不利になる傾向があります。その理由は、会社員やパートのように、毎月安定したお金が入るわけではなく、収入が安定しないからです。このような理由から、農家の人はお金を借りる時に不利になりますが、必ずしも農家の人がお金を借りることができないわけではありません。
銀行や消費者金融のカードローンを利用する場合、事業用で借りる場合とプライベートで借りる場合で条件が異なるのが一般的です。事業用のお金の借り入れは条件が厳しくなります。ですが、プライベートに利用する場合であれば、審査はそれほど厳しくありません。もちろん借りる額にもよりますが、5万円から10万円程度であれば問題なく借り入れすることが可能になります。消費者金融からの借り入れをする場合、基本的には総量規制が適用されますので、借り入れ額に制限はあります。所得の3分の1を越えなければ借り入れをすることは可能です。農家の場合は会社員と違い、収入の3分の1ではなく、所得の3分の1になる点に注意をしておきましょう。銀行から借りる場合は総量規制はありませんが、最高でも所得の半分程度までしか借り入れすることができません。
また、事業者用ローンを利用することで事業用のお金を借りることができるようになります。